AVはあくまで映像作品です

AV男優の激しい指マンで喘ぐAV女優。
パンパンと音を立てて激しく腰を振るAV男優と、喘ぎ声を上げるAV女優。そのはてに絶頂するAV女優。

 

AVではこのような光景がよく見られます。
しかしAVはあくまでも映像作品であり、そこには演出や演技が入っています。AVで行われている事をまねしてもAVのように女性が感じたりイったりするわけではありません。

 

激しいピストンや激しい指マンを行っても、女性は痛がるだけです。
また激しいピストンを行なっても女性がイクのが早くなるというわけではなく、男性のペニスの快感の高まりが早くなってすぐに射精してしまうという事にも繋がります。
※参考:「膣イキに必要なのは強い刺激ではありません」女性のオーガズム.xyz

 

AVのマネをしても女性を感じさせたりイカせたり出来るようになるわけではないのです。

 

AV男優の解説するセックスの教材はどうなの?

AVに出演している時に行っているのはあくまでも演技なので、マネをしてみても現実のセックスで役に立つわけではありません。
ではAV男優とはあくまでもAVという映像作品の中でしかセックスが上手(に見える)だけなのでしょうか?

 

これについては正直言って分かりません。
AVではあくまでも演技をしているだけですから、プライベートでどんなセックスをしているかは分かりません。ただ、AV男優という仕事はうっかり射精してしまうというのが許されないはずだと思うので、射精せずに長時間のセックスが出来る能力は持っているのではないかと推察出来ます。
ですから、AV男優が解説する早漏の対策法というのは信頼できるのではないでしょうか?
AV男優の早漏克服法方というとスパーキー佐藤「早漏革命」が有名ですね。

 

 

早漏改善以外のセックステクニックについては・・・・?

早漏対策法以外のセックスのテクニックについては、AV男優と一口に言っても様々ではないでしょうか。
結局は演技ですから実際にはセックスが上手くなくてもAV女優は感じている演技・イク演技をするでしょうから、うっかり射精してしまわないようにさえ出来れば仕事しては成り立つのかもしれません。

 

ただ、AV男優なんていう仕事は「何となく」で就く様なものではないですよね。
セックスに対して、エッチな事に対しての興味が普通程度の人はなろうとは思いませんよね。そういう人はAVでは使う必要がないでしょうえど本当にセックスのテクニックも凄いかもしれません。

 

巷にはAV男優が解説するセックスのテクニック教材が出回っています。本当にそのAV男優は演技だけではなくプライベートでもセックスの数をこなしている人なのか・沢山の女性とセックスをした経験の持ち主なのかを見極めてみる必要があるでしょう。

 

一条正都は「License to Steal」というセックス教材を、しみけんは「快感制覇」という教材を出しており、二人とも1万人以上の女性とセックスをした経験を持っていると公言しています。

 

特に一条正都はAVの撮影以外でも3000人くらいの女性とセックスをしたそうで、仕事以外でも多くの女性と行為をした経験の持ち主です。