現実に付き合うならともかく・・・

エッチなDVDのお店に行くと、いろいろとマニアックなジャンルのものがあったりする。

 

AV女優は20代くらいが圧倒的に多いと思うけど、もっと上の年齢の女性が出演しているAVもある。いわゆる「熟女もの」というヤツだ。結構な数の本数が置いてある。こういった熟女ものを観る人ってそんなに多くはないのだろうと思っていたのだが、中古AVの新入荷のところを見ているとこれまた結構な本数があるんだよね。中古で入荷してくる本数が結構あるっていう事は、この熟女ものを買っている人が結構いるって事だ。

 

で、この熟女ものAVを観る人の気持ちが自分にはさっぱり分からない。
現実に自分が恋愛をするのであれば、自分より10歳も20歳も年齢の低い女性と付き合うなんて現実的ではないと思う。でもAVですよ。
どんな女性の体を観たい・触りたいか、セックスしたいかと言ったらそりゃ若い20代くらいの女性でしょう。観ながらオナニーするなら若くて綺麗で可愛い20代のAV女優が良いよね。しかも20代のAV女優の作品の方が圧倒的に種類も多い。

 

そんな熟女AV女優で北条麻妃という人がいて、この人はセックスのテクニックを解説する動画なんていうのも出している。

 

確かに年齢を重ねたベテランのAV女優だったら、セックスのテクニックを知っていそうではあるよね。
現実にセックスをするのなら、若くなくてもテクニックのすごい熟女が良いという人もいるのかもしれないけど、でも本当にセックス出来るわけじゃなくてAV観てオナニーするだけなんだから、それなら若いAV女優の方が良いと思う。

 

 

いや、本当にセックス出来るのでも若いAV女優の方が良いけどさ。