早漏を治すには射精コントロール法を身につけましょう

セックスの時にすぐに射精してしまい、女性が満足できずに終わってしまう早漏にお悩みの方はたくさんいますね。
そんな早漏を解決するには、射精コントロール法身につける必要があります。

 

射精コントロール法は、ペニスを刺激に対して強くする「刺激対策」と興奮を抑えるための「興奮対策」という2つのトレーニングを行って身に付けます。
このスパーキー佐藤の早漏対策法を実践した方は、大体1ヶ月くらいでその効果を実感する方が多いそうです。
1ヶ月も待てない!!次に彼女とデートの日に何とかしたい・・・。そんな人もいますよね。そんな方のための裏技も紹介されています。これを使えばどんな超早漏だっていきなり10分くらいピストン出来てしまいますよ。

 

早漏の原因は何だろう?

早漏の原因は、化学的変化から生理学的および心理的問題まで様々である。何千年もの間、道教徒たちは体を強化し、老化を逆転させ、より健康でセクシーな生活を楽しむために自然射精法を実践してきました。この技術は、男性が射精を遅らせること(過度の自慰によって台無しになることが多い)、神経系の機能不全や弱い副交感神経の不具合の修正、男性の閉経や弱いPC筋肉による早漏の改善などにより性的バイオエネルギーを回復させます。
この技法を実践することによって、射精の衝動を抑えながら、勃起の力を最大限に引き出すことができます。道教技法を一貫して実践することは、より良いセックスとより高いレベルのパフォーマンスにつながります。

 

 

テクニック番号:70 - 年齢:45歳未満 - 症状:15分以内に起こる早漏 - 考えられる原因:パフォーマンス不安、親密感恐怖、過度の感受性およびストレス
- 有益な対象 - 45歳未満の成人で、 15分以上 - 不特定の要因による早期射精の50%以上の発生(副作用) - ストレス、不安、うつ、疲労などによる早漏からの回復のためのストップスタート技法を使用している男性 - 道教の自然射精法あなたの体からの修復的なエネルギーの流れをチャンネルにして早漏を止めるための瞑想と呼吸のテクニック。副交感神経を強化することによって、射精バルブを閉じたままにして、早漏を防ぐことができます。弁を閉じた状態に保つことによって、体が強く勃起することもあります。健全な勃起と射精の防止のためには、以下の要素が必要です。
副交感神経性運動神経の潜在的潜在力。
セックスの間に神経を充電するためにテストステロンを連続的に燃焼させる。
道教の自然射精法を実践することで、体は陰茎への生体エネルギーの流れを増加させます。この性的エネルギーは、体の周りを脳から脊髄に再循環します。中枢神経系全体は、副交感神経性運動神経における活動電位を刺激する。この刺激は、強さを向上させるために射精値を引き締めるでしょう。
あなたのバイオエネルギーの流れは、肝臓と腎臓の子午線チャンネルを増強するためのクライマックスコントロールを重視し強化する、栄養価の高いハーブソリューションである射精神経のための植物栄養剤を摂取すると増加します。 Astragalus Complanatus、Schisandra Chinensis、GardeniaおよびOs Draconisのようなハーブは、オルガスム制御を改善し、射精の所望の幻覚および遅延の結果を達成することが知られている。短期間で、あなたは愛する人を完全に楽しませながら、あなたの射精をコントロールします。
リラックスしてあなたの呼吸を制御する - 吸入し、正常に吐き出す。あなたの目をゆるやかに閉じてください。あなたの口蓋にあなたの舌を持ってください。あなたの眉間にあなたの心を集中させてください。
あなたの腹部が伸びるのを感じるまで、2?5秒の間隔であなたの鼻を深く吸ってください。