行政書士試験2014 民法記述問題で 高得点が取れる裏技術

 

 

「次回も来年もない 今回がすべて」

 

100%そう思えてる行政書士の勉強、

 

日々 努力を積み上げてほしいです

 

2回目の試験を受験するかどうかは 問題ではありません。

 

現時点で、100%ほしいと強く願っている 行政書士の資格、

 

「一点に集中して迷いなくやれてる」

 

はっきりと言ってもらいたい、貫いてほしい。

 

そういう理由でこの教材を生み出しました。

 

 

 

 

覚えておいてほしいのは

 

「何を知るか?」よりも

 

「誰を知るか?」「誰とやるか?」

 

もう、それだけで 大勢が決まります。

 

「合格できる」 その気になっているのか?

 

その気にさせてくれる人と いっしょに努力しているのか?

 

これが存在することでこそ、「やれてる」自分をやり続けることができます。

 

資格取る勉強に

 

学歴や年齢や記憶力などは関係ありません。

 

そういうことを考える時間があるならば 素直さ、

 

人から言われたことを素直に行動に移したかどうかだけ、

 

個人のスタイル、考え、解釈などは後にして、

 

ありのままを受け入れられるかどうかです。

 

実際に そういうところのみで 願っている結果が出ます。

 

今日、書いているこの内容のことも、教材の中身も

 

すべて 実際の経験です。

 

これ以上、効果のある情報は

 

これ以外にないといっても過言ではありません。

 

重要な情報を、取り揃えてもキリがありません

 

最新の問題、やりまくって慣れることになんの意味もありません

 

どうして、本番で点数を取れないのか?

 

その理由は、本番中に見たことのないものを見せられて、

 

そこに書いてる文章が理解できないから。

 

ウマくない勉強してる人は、

 

択一の挙動で言えば「この問題の正解は、1番かな? 3番かな?」

 

悩む、必ず悩む、

 

であれば、記述問題見せられても 変わりはありません。

 

こういうことが起こるような勉強してるから 結果が出ません。

 

新しい問題やりまくって、新しい問題に慣れたって、そこは変わりません。

 

「本番の問題読めたら 正解が合う可能性が高い」

 

つまり、

 

本番で新しい問題見せられても

 

意図が読める、ついていける、

 

そこが含みになった努力をしてきたかどうか? が結果です。

 

必要最小限の知識だけで固めて

 

それを活かして 新しい問題読めるようにする、

 

そのフォームを固める、

 

それが最も速い合格コース。

 

本番で 新しい問題読まされて

 

「たぶん こう言ってんだな」

 

「どうせ こうゆうことだろう?」

 

そこが通せる人が 努力してきた証、

 

本番中にも変わらないことが言える人間になる。

 

それが この教材の中で伝えていること。

 

この教材を入手し、実践すれば、

 

その出口で 一体どうなっているのか?

 

「試験官が何が言いたいのか?」  本番中に読める、

 

いちいち悩まない、

 

フォームが固まってる、

 

体の具合が悪かろうが 寝てなかろうが、

 

「頭が真っ白になっても」問題が解ける。

 

そこを目指せます。

 

行政書士試験2014 民法記述問題で 高得点が取れる裏技術