ソフトボール打撃・走塁の極意【北京オリンピック金メダリスト、
東京国際大学女子ソフトボール部監督 三科真澄 監修】

 

野球と同様にソフトボールは
投手、打者、守備、走塁など各ポジション別で
細かい技術や体力が要求されるスポーツです。

 

 

ソフトボール打撃・走塁の極意の特徴は
1-22で大敗するような弱小ソフトボールチームを
わずか5年で全国大会で優勝させた三科真澄監督が
明かすバッティング上達法にあります。

 

「バッティング上達法なんてありふれてるよね?」

そんな声が聞こえてきそうですが、
確かに書店やネット上ではソフトボールのバッティングに関する
教材はありふれているかもしれません。

しかしこの教材の特徴は北京オリンピックで
金メダルを獲得したチームの主力メンバーである
三科真澄監督が選手としてだけでなく監督として
実際に指導して結果を出してきた内容を
余す事なく詰め込んでいます。

 

・打てなくて子供がレギュラーになれない

・バッティングのタイミングがつかめない

・インコースが、アウトコースが、低めが、
高めがと苦手な球種があって克服できない

 

上記のようなバッティングに関するお悩みが
あります。

何とかそのお悩みを解決したいと
思考錯誤した結果、

三科真澄監督の協力を得て今回の
ソフトボール打撃・走塁の極意を
完成させる事ができました。

 

来年には第16回世界女子ソフトボール選手権大会
が千葉で開催されます。

ソフトボール世界一を決定するビッグイベントが
千葉で開催される事はとても素晴らしい事です。

そこで

 

繰り返しますが、
今回監修にお迎えした三科真澄監督の実績が
とにかく凄いんです。

日本リーグではベストナイン2回、
本塁打王を3回も獲得しています。

国際大会でもアテネオリンピックで銅メダル、
北京オリンピックではも金メダルを獲得。

 

東京国際大学にてソフトボール部が
創部されるタイミングで監督に就任し、

創部わずか5年目の2014年に
全日本大学ソフトボール選手権大会
(インカレ)にて優勝を果たしました。

 

ソフトボール打撃・走塁の極意【北京オリンピック金メダリスト、
東京国際大学女子ソフトボール部監督 三科真澄 監修】