東京オリンピック・パラリンピック
まで約1000日となり、
カウントダウンが始まります。

東京オリンピックでは
空手やスポーツクライミングなど

日本のメダルや入賞が期待できる
種目の追加が話題となっていますが、

もう一つ、忘れてはないない
復活種目があります。

それは、日本のお家芸とも言える

【野球/ソフトボール】

です。

 

野球とソフトボールは
日本はメダル常連国。

東京オリンピックで復活ということで
再び注目が集まっています。

 

ソフトボール上達革命
【北京オリンピック5番打者 佐藤理恵 監修】

→  http://softball-dvd.com/

 

ソフトボールは1996年の
アトランタオリンピックで正式採用され、

日本は、

・2000年シドニーオリンピックで銀メダル、
・2004年アテネオリンピックで銅メダル、
・2008年北京大会で金メダル

と素晴らしい成績をおさめてきました。

ところが2012年のロンドンオリンピックと
2016年のリオオリンピックでは
実施競技外に・・・

 

そのため東京オリンピックでの
メダル獲得は悲願でもあります。

 

メダル獲得が見込まれる種目、
メダルを獲得した種目は、

子どもを中心に競技者が
明らかに増えることが知られており、

ユニフォームや競技用アイテム、
関連グッズなどの売り上げが
軒並み増加します。

 

メダル獲得の可能性が高い
ソフトボールについても
それは高い確率で起こるでしょう。

是非、今の内に準備していただければと思います。

 

ソフトボール上達革命
【北京オリンピック5番打者 佐藤理恵 監修】

→  http://softball-dvd.com/

 

ソフトボールは協会による普及活動が
しっかりとできているのも
注目すべきポイントです。

 

例えば、学校体育での推進活動の一環として
ルールの整備、ルールブックの作成及び配布、
指導法の動画配信なども積極的に行なっています。

さらには、世界に対する普及活動も盛んで、
青年海外協力隊(JICA)で
ソフトボールの指導者を
募集するなどしています。

 

日本ではまだまだ
スポーツは趣味やエンターテイメントの一つ
として捉えられることが多い中、

こうした社会貢献度の高い活動を
行なっているスポーツ種目は
存在意義も非常に高いのではないでしょうか。

 

そして東京オリンピックへの
期待が高まるにつれて、そうした活動にも
スポットライトが当たっていくでしょう。

 

 

ソフトボール上達革命
【北京オリンピック5番打者 佐藤理恵 監修】

→  http://softball-dvd.com/