競技の国際大会が注目されるようになってから
まだまだ年月が浅い発展途上の競技。
「ソフトボール」

2020年東京オリンピックの追加種目
として採用された今、

北京オリンピック以降クールダウンしていた
人気に再び火がつくことが予想されている
競技の一つです。

 

そんな、需要量増加が目前のソフトボールの
打撃・走塁に特化したDVDがあります。

 

 

北京五輪のメダリストは
試合に出ていた9人含め、全15人!

 

言い換えれば、
日本にソフトボール金メダリストは
現在15人しかいません。

 

さらに、指導で本当に実績ある方は
数少ないのが現状です。

 

監修の三科真澄さんは、
その数少ない金メダリストの一人でありながら、

東京国際大学女子ソフトボール部を、
創部からわずか5年で優勝へと導いた
名指導者です。

 

三科さんは、打撃のスペシャリストです。

本塁打王3回(2005年、2006年、2008年)
に加え、

北京オリンピック決勝の対米国戦では
先制点の口火を切る二塁打を放ち、
チームの優勝に貢献しました。

 

本教材は、まず打撃の質を改善・向上させる
ノウハウを収録。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
想像以上に多いです・・・
変化球への対応力に悩む
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

最近の多彩な変化球へ対応する技術は、
選手間で差が拡大しているようです。

 

そこで、ソフトボール特有の
ライズボール・ドロップボールへの対応力。

また、コースの打ち分けなどを加え、
身体全体の細かい動きの説明を施しています。

 

さらに、塁に出てからのスキルも収録。

 

ソフトボールは野球と違って、
リードを取れないというルールがありますよね。

また、塁間が野球よりも狭い分、
ちょっとした走塁のコツを知ってるか
知らないかの差がチーム力に響きます。

 

どう練習したらいいか分からない。

身体をどう動かせばいいか、
的確な指導ができるコーチが少ない。

などなど指導現場での課題、悩みは根深いです。

 

 

 

五輪招致の話題などでは
国民的スポーツとして人気の野球と
並び語られることも多いソフトボールですが、

 

実は、中高生では競技人口
とても多いのはご存知ですか?

 

ソフトボールの悩みで特に多かった
「守備」に特化した、

ソフトボール選手、指導者であれば誰もが
動画教材です。

 

 

監修は、なんと北京オリンピックメダリストの
三科真澄選手です。

 

そう言われてみなさんは、
こんな風に思われているかもしれませんね。

「選手としては優秀でも、
指導者としてはどうなのよ?」と。

 

実は、指導者になってからもすごいです。

 

現役引退後の2010年に、東京国際大学にて
ソフトボール部が創部されるタイミングで
監督に就任しました。

 

その当時は、グラウンドさえも整備されてなく、
部員を募集するところからの出発。

されど集まったはじめの部員はなんと9人だけ。

 

試合では1-22と20点以上差をつけられて
大敗するような素人だらけのチョー弱いチームでした。

 

ところが創部わずか5年目の2014年に、なんと
全日本大学ソフトボール選手権大会(インカレ)
にて優勝。

 

わずか5年で全国制覇基準まで向上させた、
名コーチとしても知られているのです。

 

三科選手の経験と、その秘蔵の指導技術を
集約したのが、この教材です。

 

 

選手実績と指導実績の両輪がうまくかみ合って
中級者たけではなく初心者までもわかりやすく

監督コーチ、部活顧問であれば、もう即今日の練習から
選手の指導に活かすことのできる充実した内容です。