バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~
【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

 

 

ついに、

というか・・・

やっと、という言葉が適切ですね。

日本プロバスケットボールの新リーグ

Bリーグ

が来週、記念すべき開幕戦です。

Bリーグ

分裂していたプロバスケットボールリーグ

JBL と bjリーグ・・・のいきさつ

本当に紆余曲折がありました。

国際バスケットボール連盟からも

統合がない限り、五輪への道が閉ざされる可能性もありましたね?

対立していた二つのリーグを統合し、

サッカーのJリーグに似た方式で、

地域に根差したプロバスケットボールチームが、

来週新たなスタートです。

 

 

 

徹底的にバスケットボールのドリブルとシュートなどの

『個人技』に磨きをかけたい少年少女バスケットボール選手への

とっておきDVDです

バスケットボールのスピーディーなドリブル

凄くかっこいいですよね。

私も中学、高校時代にバスケット部のエースが

スピーディに体を回転させながら敵を抜いていく姿

にバスケットの魅力を感じざるを得ませんでした。

ミニバスはじめ、小中学生バスケットボール部員や顧問のこんな悩み

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

試合で得点がとれない

実践だと結果が出ない

部活の指導者だがバスケット未経験で困っている

シュートの成功確率が日によって違いすぎる

子供がミニバスをやっているが試合に出れない

きついディフェンスをされるとシュートフォームが崩れる

ドリブルでシュートまでいけない

チーム練習が多いので個人スキルが低い

 

★シュート成功率が安定する

★場面に応じたシュートができる

★ディフェンスのマークをかわせる

「バスケットボール上達革命」で習得できる、個人スキルは

小中学生はもちろん、幼年期のミニバスプレイヤーにも

ぜひ練習に取り入れていただきたい

短期間で効果的にスキルアップできる練習法です

バスケットボールは一見、日本ではテニス、サッカー、野球に

比べれば、幼児、小学生や中学生には

人気では大きく負けていると思われがちですね。

でも、それは大きな誤りではないでしょうか?

決して考えられている程、大きな差はありません。

幼稚園児、小学生中心でのミニバスチームは、地域では

意外と多く組織されていますし、

中学生の部活などでは、既にミニバス上がりの子供たちの

実力はなかなかのもの!

部員も充実している学校が大半です。

華麗なドリブルで、相手を振り切って、点を取りまくる中学生

はチームにとって貴重な存在です。

でも、遅れて始めた中学生等にとっては、なかなか

彼ら、ミニバス上がりの経験の長い子に追いつくには、

相当な努力が必要かもしれません。

でも、やみくもな反復練習ではなかなか思うように

上達できないのは、当の本人たちもわかっているんです。

何とかうまくなりたい!

こっそり、一人で出来るドリブル練習ないかな?

集中的に訓練できるこの夏休みに、一人練習のチャンスだ。

7月の今、小中学校、さらに高校も同じでしょうが、夏休みの直前です。

強化練習、合宿で最もチーム力、

個人スキルのレベルアップの好タイミングです。

バスケットボール上達革命
~試合で得点が取れる選手になりたい小学生・中学生や、その指導者へ~
【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】