元・千葉ロッテマリーンズ守備・走塁コーチ
代田建紀先生が、

 

野球の1塁、3塁のベースコーチ
別名、ランナーコーチと言われるコーチの
上達法、指導法、走者との連携法

などを、徹底解説してくれた教材です。

 

実際アマチュアで野球を経験された方なら分かると
思いますが控えの時、
レギュラーになれない選手でも、

ランナーコーチズボックスに入ることは
誰にでもあることです。

もちろん、コーチであればなおさらです。

これから夏に向けて始まる甲子園の地方大会では
そんな一点を争う場面が毎試合のように続きます。

その時にランナーコーチの役割がますます重要
になるでしょう。

そして数多くの野球教材はありますが、
ランナーコーチの上達に特化した教材は
他にありません。

 

もちろん先日のワールドベースボールクラシックの
熱狂から始まり、プロ野球の開幕したばかりです。

 

野球指導の現場であれば、誰もがぶち当たる壁。

しかしながら、その壁を乗り越える事に特化した
方法がなかなか見つからない

その悩み解消法。

ずばり、走塁ランナーコーチの指導と練習法です。

 

走塁コーチがいる野球チームなんて稀です。

プロ野球の球団やトップレベルの大学チーム、

全国的に有名な高校野球チームであれば別ですが、

ランナーコーチとしての専門技術、
指導ノウハウを熟知したコーチは滅多にいません。

 

 

 

 

我が国で1位2位を争う人気スポーツ

野球のなかで、

ランナーコーチスボックス内に位置して、
打者や走者に指示を送る、

ランナーコーチ、またはベースコーチ

の練習法と指導法に焦点を当てたDVDを
完成しました。

 

こちらです

↓ ↓ ↓ ↓

 

野球シリーズ 第5弾

 

走塁ランナーコーチ上達革命
~一塁・三塁ランナーコーチ技術と、
試合を想定した走塁技術の上達法 ~

⇒ http://pitching-dvd.com/running/info/

 

野球の試合の中で、ランナーコーチの
役割を甘く見てはいけません。

 

野球に携わる人なら痛感しています。

 

打ち崩せない相手の好投手であっても、
必ず出塁のチャンスが1~2回はあります。

 

それを活かし、勝利するには?

 

打者、走者に的確に指示ができる

有能なランナーコーチの存在は必須です。

 

ピッチャー、キャッチャー、内外野の技術、
打撃テクニックだけではありません

 

一見、地味で目立たないランナーコーチ
のスキルの習得法、練習法

 

さらに走塁そのものの指導法を

1塁、3塁ときちんと役割を分けて徹底的に
掘り下げmした。

 

監修は、元・千葉ロッテマリーンズで
守備・走塁コーチを務めた

代田建紀氏です。

 

世の野球愛好家、とりわけ指導者が
きっとその指導に悩んでいるテーマです。

 

 

↓ ↓ ↓ ↓

トレンドアクア 野球シリーズ 第5弾

走塁ランナーコーチ上達革命
~一塁・三塁ランナーコーチ技術と、
試合を想定した走塁技術の上達法 ~

⇒ http://pitching-dvd.com/running/info/