野球ノック上達革命
~ノックに特化した指導者向け上達法~
【ミスターロッテ初芝清 監修】

 

 

今回はなんと選手向けではなく、
ノックに特化した指導者向けの上達法になります。

「ノックの方法なんて需要あるの?」

そんな声が聞こえてきそうですが、
このテーマを選んだのには理由があります。

 

 

「キャッチャーフライが打てない」

「急に子供の野球チームのコーチをやることになり、
ノックができずに困っている」

「外野フライを打ちたいのに
ボールが外野まで飛ばせない」

 

などのノックに関するお悩みが数多くありました。

そこで、

 

野球ノック上達革命
~ノックに特化した指導者向け上達法~
【ミスターロッテ初芝清 監修】

 

しかも今回監修にお迎えした初芝清さんの実績が
とにかく凄いんです。

 

 

 

そんな名打者が監修し、
尚且つノックに特化した指導教材は他にはありません。

 

 

 

甲子園のシーズンも終わってしまいましたが、

 

全国の高校野球球児は、
出場をかけて、
そして優勝を目指して
日々とてつもなく厳しい練習を積んできたはずです。

 

そうした名門校だけでなくどのチームでも
欠かさずに行われている守備練習方法と言えば?

ノックですよね!

高校大会は甲子園での本大会前の段階ですが、
先日、地区予選を見に行ってきましたが、
試合間の守備練習では、
驚くほど精度の高いノック技術を持つ監督もいれば、

それほどでもないな・・・と感じる監督もいます。

 

ノックを受けることは実戦的な守備練習なので、
その効果は計り知れません。

しかし、甲子園レベルの高校であればいいのですが、
一般の高校部活、小中学生野球チームでは、

そのノックを打つのが苦手な指導者が
想像以上に多いんです。

 

三遊間をゴロで抜けるヒット

→ 外野からのバックホーム あるいは

→ 遊撃手が中継してのバックホーム

 

の練習を繰り返ししたいのに・・・



 

監督の打ったノックでは、ボールが変な方向に
飛んで行っしまう!

想像すると思わす笑ってしまいますが、

現場では笑いではすみません。

練習にならないからです。

無駄に体力と時間を使ってしまうからです。

そんなチームと、指導者のために制作されたのが、
野球ノック上達革命です。

この教材の監修は、
あのミスターロッテ初芝清さんです。

1995年には打点王(イチロー、田中幸雄と同点)になり、
ベストナインに選出。
2003年には代打7打席連続安打という
日本記録を樹立した名選手です。

現在は社会人野球セガサミーの監督を務めています。

ノックの正確さやリズムは練習の質を激変させ、
チームの守備力に雲泥の差が出ます。

ノックに悩む全国の少年野球、高校野球の指導者に向けて
どんどん紹介して、がっぽり稼いでください。

 

下手だとわかっているけど、
どうやって身につけたらいいかわからない

そんな思いで選手の指導に悩む監督コーチを
救える指導教材です。

 

野球ノック上達革命
~ノックに特化した指導者向け上達法~
【ミスターロッテ初芝清 監修】