■ お尻、腰が沈んでしまい、思うような推進力ある平泳ぎの
キックがダメ・・・

 

■ 上半身のパワーが弱いのか・・・
息継ぎが苦手で沢山水を飲んじゃうんです・・・

 

■ 筋力が弱く、推進力が無いためドンドン浮力が殺されて
沈んじゃう・・・

 

 

 

7月20日、ジャパンマスターズ水泳2015の
2か月半後には、早くも

ウーマンズ・スイム・フェスティバル2015

 

も開催されます。

 

マスターズで、悔しい思いをした、女性スイマーが、
少しでもスピードアップのためには、

 

貪欲に次の大会への準備を心掛けてきます

 

 

このDVDにも、

実践後、90日以内にベストタイムが
出なかったら、全額返金の特典があります。

 

さらに、別途、利用後の成果の報告をして頂いた方には
5000円のキャッシュバック特典も付いています。

 

 

マスターズ水泳では、女性向けの大会があります。

 

9月23日から日本マスターズ水泳協会主催の、
2017年度ウーマンズマスターズ水泳競技大会が
横浜で開催される予定です。

 

北京オリンピック代表 種田恵さんが、
女性目線で4泳法の中でも苦手な人が多い、
平泳ぎのスピードアップ法を徹底解説した教材です。

 

スピードアップのためのテクニックで、
基本的に性別による違いはありません。

ただ、平泳ぎ特有のプル、キックに関して言えば、
胸筋の強さ・股関節の柔軟性・キック力において
男女に大きな差が生まれます。

 

 

種田恵先生が、そんな女性の体力、
筋力、体格に応じた平泳ぎだけに
特化したスピード法を、世の中の多くの平泳ぎに
悩める女性たちに。

 

 

 

【女性スイマー用に開発】平泳ぎスピードアップ・プログラム
北京オリンピック100m・200m平泳ぎ代表  種田恵 監修

 

 

 

老若男女問わず、幅広い人気の水泳です。

 

日本マスターズ水泳大会は、春夏だけでなく、
一年を通して数回の大会や公認大会が各地で
行われますが、

今、まさにその主催大会 「短水路」が今、真っ盛りです。

 

4月1日に開催され、今月31日まで各地で開催中です。

 

水泳の、悩み事は多種多様です。

 

この水泳教材は、
4種ある泳法の中でも、多くの女性が悩みを抱える

 

『平泳ぎ』に焦点を絞り、なおかつ

上半身の筋力もあり、キック力も十分にある男性ではなく、

女子だけに焦点を絞ってあります。

 

そして、平泳ぎという手足のタイミングが難しく。

ストローク、キックが独特で推進力を得るのがなかなか難しくて悩む

女性のための

女性目線での、

女性トップスイマーによる

『スピードアップ』のためのトレーニング方法。

 

「背泳ぎスピードアッププログラム」に続く

泳法別 スピードアップ 第二弾

です。

 

北京オリンピック 女子 100メートル&200メートル代表

種田恵 さんが

監修を行っているDVDです。

【女性スイマー用に開発】平泳ぎスピードアップ・プログラム
北京オリンピック100m・200m平泳ぎ代表  種田恵 監修