昨年のラグビーワールドカップでの日本代表の活躍、

さらに五郎丸選手の人気などでラグビーそのものが、

いよいよ注目度を集めています。

 

 

先日のスコットランドとの試合も残念でしたが、

スポーツ誌やニュースなどでも取り上げられることがおおくなりました。

3年後には日本でワールドカップですからね。

ラグビーというとタックル、スクラム

もちろんスピーディで迫力満点のパスとランニングが醍醐味ですが、

試合に勝つ為に必須のテクニックとしては

プレースキックのテクニックって、非常に重要です。

成功率が勝敗を大きく左右することは珍しくないからですね。

ペナルティキック、トライ後のコンバージョンだけでなく、

展開の中で好機に蹴るドロップゴールも、

味方選手を大きく前進させるためのキックもラグビーチームとしては、

無くてはならない、強力な武器です。

だからこそ、

下手な人が悩んでいます

上手い選手がいないチームにとって大問題です。

 

ラグビーの楕円球を、蹴るテクニック、

それだけに焦点を当てた極めて特徴ある内容です。

どのように制球力あるキックをけるか?

速いキックを蹴るか?

楕円形という形であるが故に、そのキックの難しさ、試合で活かせる

蹴り方のテクニックは、本当に奥深いものがあります。

監修は、現在は日本代表のコーチを務める栗原徹氏。

名門慶應義塾大学ラグビー部で活躍後、

サントリーにて全国社会人大会、全日本選手権などの優勝に貢献した

名キッカーです。

正確なプレースキックで得点を量産し、

2002年のワールドカップアジア最終予選での台湾戦で、

世界記録となる1試合60得点を挙げた方です。

栗原さんが、多くの悩めるラグビーのキッカーのために、

試合で活きるキックのテクニック、

ペナルティとコンバージョンで成功率を劇的に上げるためのコツ

を公開してくれました。

ラグビー・キック上達革命
~チームを勝利に導く正確無比なキックを習得する方法~
【元・日本代表、現・日本代表コーチ 栗原徹 監修】DVD2枚組