他のスポーツでも同様ですが、ボクシングは

特に指導者の影響で選手の上達が決まります。

なぜか?

それは、個人スポーツがゆえにガムシャラに練習して

しまう傾向があるからです。

もしくは、指導者が理論的に説明できないでキツイだけの

単調練習をただこなしているだけの選手も多いです。

ボクシングのジムで懸命にトレーニングに励んでいる

ボクサーって、どんなことに悩んでいるかご存知ですか?

様々なジムワークで練習をしていても実は、多くのジムでは、

そのジムの将来をしょって立つような有望ボクサーはまだしも・・・

きちんとしたトレーニングメニューを

経験、能力に応じてしっかりしたトレーナーが

作ってあげることは少ないそうです。

練習の意味をきちんと説明したり、

方法やコツを、理論的に教えてくれるという

ケースも少ないんです。

きちんとしたトレーナがいればいいのですが、

ルーティーンの決められたジムワークメニュー

をまずはその通り、真似して反復練習・・・

ハードなランニング、縄跳びを含め

必要な個々の細かいテクニックや

スキルを、生徒が身体で体現できるために

理論的に納得させてくれることはなかなか

期待できないそうです。
ジムで厳しいトレーニングを

積んでいるのに相手を倒せない・・・

量重視のジムワークばかりで

効率の良い上達法がわからない

パンチ力が無い平凡な選手でも勝てるようになる方法

テクニックで相手をノックアウトできる

強いボクサーになるための理論的練習法

強力なパンチ力なし、よいコーチなし・・・

理論に基づくテクニック習得法で相手からKOを奪う秘密

根性と練習量だけでは強くなれない

ボクシング上達プログラム~テクニックで相手を倒す理論的練習法~

【OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座 三谷大和 監修】DVD2枚組