スポーツが何であれ、
全国的に有名な強豪チームの練習法、指導法を、
ライバルたちが知りたがるのは当然ですよね。

 

一方強豪チームとしては、
自チームのノウハウを
軽々しく公開したくないのが人情でしょう。

 

そのような意見をものともせず、

 

昨年のリオ五輪での
高橋選手と松友選手の女子ダブルス優勝後、
バドミントンを競技として励む中学高校生が
増えつつあります。

 

趣味として楽しむバドミントンも増えつつありますが、
真剣に取り組むバドミントン、
インターハイなどの全国大会で勝ち上がるには、
質量ともに血の出るような努力が必要です。

 

そこそこの強豪チームならばそれだけで十分でしょう。
しかし、全国で優勝を争うトップレベルになれば、
必ず何か秘訣があります。

 

練習メニューには
普通の高校生がやってないメニューがあるはずですし、

 

指導法には、
一般の高校の部活顧問が知らない極意があります。

バドミントン関係者であれば
埼玉栄高校の名を知らない人はいないでしょう。

 

昨年のインターハイダブルス優勝の渡邉航貴選手や、
トマス杯団体優勝の上田拓馬選手など

長年トップ選手を輩出し続ける、
まぎれもなく日本トップレベルの指導法

 

夏のインターハイに向けて予選もこれから、
全国各地で行われることだと思います。

 

 

バドミントン上達革命
~トップ選手になりたい中・高校生へ~
【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】

http://trendaqua.co.jp/badminton/sakae/info/

 

 

 

今後、競技人口がますます増えていく
バドミントンです。

 

昨年はバドミントン界は何かと話題豊富でしたね。

 

良くないことでも世間の注目を浴びてしまいましたが、

リオ五輪でのタカマツペア
高橋礼華、松友美佐紀ペアの金メダルや
奥原希望選手の銅メダルなど

多くの日本人選手が一気に世界の舞台で活躍
し始めたのがなによりも注目度が上がった主因でしょう。

 

 

ごく普通の中学で初心者生徒信の部活であれば、
そこそこの経験の顧問の先生でもOKでしょう。

あるいは、よく聞く話ですが、
未経験の先生でも基礎の指導なら

独学で勉強して対応している、なんて話は
よく聞きますね。

 

でも、中級レベルになったら?

 

バドミントン上達革命
~トップ選手になりたい中・高校生へ~
【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】

http://trendaqua.co.jp/badminton/sakae/info/