一生懸命に練習をしているのに、いまひとつパッとしない…

このトレーニングで本当にトップレベルの結果が出せる選手になることが出来るだろうか…

今現在の指導法で選手たちの能力を十分引き出せるのか…

 

 

バドミントンがぐんと上達し、トップ選手レベルまで到達しうるにはどうしたらよいのか?

身体の有効な使い方とは?

 

『走り込みで下半身を鍛える』
『量をこなし反復練習』
『格上の選手との練習試合で実戦慣れする』

 

しかし…これくらいじゃ、

平均レベルのそこそこ上手い選手にしかなれず、

高レベルへの道はひらけません。

 

このようなメニュー、数世代前のトレーニングです。

「ならば一体、どんな練習をすれば…?」

ほとんどのバドミントン選手は、部活やスクールに所属をしていますが、

ある一定レベルまでは大抵の選手は上達します。

初級、中級レベル選手のラリーは、さほど難しくはありません。

 

上達にたいして時間はかからないでしょう。

ここから、ライバルたちに大きく実力の差をつけられる、

一番のポイントは何でしょうか?

 

いろいろとありますが、実際のバドミントンの試合の中で必要な、

ポジショニング、動き、攻め、守り…

 

戦術パターンを想定しての実践的な練習などを、

案外皆さん積んでいないことだと思っています。

初心者のころ、バドミントンを始めて何をしましたか…?

 

グリップの握り方、素振りの反復練習、

空振りやフレームショットの経験、懐かしいですよね。

この内容をご覧になっている多くの方が経験しているはず。

 

そんなに時間はかからずに、シャトルを打って打ち返す高揚感…

コート内でのフットワークの基本を習ったのではありませんか。

 

シャトルを打って、楽しむ、それがバドミントンの醍醐味ですよね。

だからレジャーとしても成立できる単純なスポーツです。

けれども、あなたは真剣に競技として取り組んでいるのでしょう。

勝てるバドミントンを目指していきたいですよね。

 

そうなる為に次の段階は、クリア(ロブ)です。

ハイクリアは体勢ととのえる為に不可欠です。

どの立ち位置からどの位シャトルが飛ぶのかの練習が必要です。

クリアから、スマッシュ、ドライブを教えてもらい、

そうしてカット、ヘアピンなどの色々なショットのテクニックを教えてもらい、

しかしそのようなテクニックも、

 

「ぜんぜん、できるようにならない」
「かなり、練習しても全く上達できない」

などという選手は決して多くないと思います。

みなさんにはもうお伝えしましたよね?

バドミントンという球技は、個々のテクニック自体そのものはどのような方でも、

きちんとトレーニングを積めば形だけはすぐ様になり、できるようになります。

そんな点は、他のスポーツとは違います。

 

野球や、バレーボールやバスケットなどは簡単には習得しにくいものです。

野球でいえば、経験の浅い人がゴロを捕球して狙い通りに送球することは難しいはずです。

 

バレーボールだって、レシーブやスパイクがすぐに

こなせるなんて言うことは稀ではないでしょうか。

それにくらべれば・・・・・・・・

バドミントンの、シャフトのスピードや飛ぶ性質などから、

経験者の打ったシャフトでも、経験の浅い人が数回レシーブすることは、

意外にできるのです。

 

でも・・そうかと言って、ラリーが続くものでしょうか?

試合でのラリーに耐えられますか?

 

試合において善戦するのはそう簡単に出来ないことと思います。

一般的な認識での上達するための方法には単に、素振りの練習であり、

様々なショットをコーチのノックでひたすら練習したり、

練習試合ばかりをやってみたり、

とにかく反復練習するだけというのが、

いままでの普通の練習メニューではないでしょうか?

 

これまで信じられてきた方法では、本物の生きた試合での攻防線、相手を翻弄する戦術、

守りの戦術などの基本的で、必須のパターンに応じた、

勝つ戦いのためのトレーニングメソッドが欠落しているんですね。

 

バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~

【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】