猛暑に集中豪雨、冷夏など
不安定な気候が続いていますが、
体調など崩されていないでしょうか。

 

メジャースポーツから
マイナースポーツまで
様々な競技がありますが、

 

コンテンツ一つ一つの充実度も
お客様に喜ばれている
理由の一つと考えています。

その競技に必要な基礎知識から
一般には知られていない理論や練習法も
惜しみなく提供しています。

特に一般プレーヤーや指導現場では
目や耳にする機会の少ない
トップ世界の理論や指導法の公開は
大きな反響をいただいています。

例えば、こちらの

 

ダブルス特化の練習法・指導法
【テニス・ダブルス上達革命】

→  http://trendaqua.co.jp/tennis/sato/info/

 

 

 

 

 

 

 

 

特にダブルスではボレーが大事です。

ファーストボレー
ハイボレー
ドロップボレー
アングルボレー
ロブボレー

ザッと挙げただけでも
こんなにもたくさんのボレーがあります。

これらを状況に合わせて使い分けることが
テニス・ダブルスで勝利を掴むポイントです。

 

さらに、打ち終わった後に
どのような動きをするか、
どこにポジションを取るか、

ステップの取り方は?
ボールの受け方は?

 

ダブルスでは個々の技術力も重要ですが
それ以上に、

コンビネーション
コミュニケーション
タイミング

が重要になってきます。

 

紙の教材でこのような動きのある部分まで
的確に伝えるのは大変難しいです。

 

一方、動画教材では実際の動きを見ながら
学ぶことができます。

しかも、一歩引いた視点で
コート全体を見渡すことができるので
当事者としてコート内でプレーするよりも
わかりやすいのです。

 

このDVD教材も実戦形式を交えながら、
陣形やフォーメーションなど
細かな部分までわかりやすく解説しています。

 

少し調べていただければわかりますが、
【テニス】で検索すると
1億5千万以上のサイトがヒットします。

【テニス ダブルス】だと途端に
500万ほどに激減します。

しかも上位表示されるのは
同じサイトばかり。

 

つまり【テニス ダブルス】について
的確な情報提供ができている
サイトがほとんどない状況です。

本気で【テニス ダブルス】に
取り組みたいと考えている
プレーヤーの方々に、

このコンテンツが届けば
大変嬉しいです。

 

また、これから
テニス・ダブルスの大会が
多い時期に突入します。

土日祝日は当然のことながら、
平日にも開催されるほど
大会が多い時期です。

テニス・ダブルスへの関心が高まるシーズンです。

 

ダブルス特化の練習法・指導法
【テニス・ダブルス上達革命】

 

→  http://trendaqua.co.jp/tennis/sato/info/

 

錦織選手出場の全仏オープン、
ご覧になりましたか?

 

得意のクレーコートで、
今年こそは優勝して欲しかったのですが、
逆転負けで全仏4強に入れませんでした・・

期待していただけにがっかりしています。

 

さて、

日本に限らず、世界でも競技人口の多いテニス。

なかでもニュースとして
取り上げられることが多いのは、

展開が早く、動きのハードなシングルですよね。

 

しかし、
アマチュアや一般の愛好家の中でテニスというと、
どちらかというと、

ダブルスを指すことが多いようです。

 

それもそのはず。

広いコートを一人でカバーする運動量が
求められるシングルは、やるとなると、

中高年にはかなりハードルの高いスポーツなのです。

ジュニアスクールや強豪テニススクールでない限り
あまり行われていないのが実情です。

 

そこに目をつけて、老若男女若い世代を含めた
ダブルスのテクニックにフォーカスした教材として

 

テニス・ダブルス上達革命
~ダブルス特化の練習法・指導法~
【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組

→ http://trendaqua.co.jp/tennis/sato/info/