メジャースポーツから
いわゆるマイナースポーツまで
幅広い教材があるわけですが、

 

 

他にはない、
唯一無二の教材として存在してあるのが・・・

 

それは、

アーチェリー

です。

 

アーチェリー上達革命
~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~

→  公式サイトはコチラ

 

アーチェリーは日本では
マイナー競技に数えられるでしょう。

 

しかし、アーチェリーは
オリンピック競技に
採用されているように
世界的には決して
マイナースポーツではありません。

 

かつ、日本は強豪国でもあります。

 

1976年モントリオール五輪で
道永宏選手が銀メダルを
獲得したのを筆頭に、

1984年ロサンゼルス五輪で
山本 博選手が銅メダル、

2004年アテネ五輪では同じく
山本 博選手が、
今度は銀メダル、

2012年ロンドン五輪で
古川 高晴選手が銀メダル、
団体女子で銅メダル
を獲得しています。

 

特に山本選手は、
ロサンゼルス五輪で
銅メダルを獲得した20年後に
41歳で銀メダルを獲得したことで

 

『中年の星』

 

などとして、メディアにも
取り上げられ、日本の中年に
元気と勇気を届けてくれたとして
一躍有名になりました。

 

このように、アーチェリーは
一生続けられるスポーツです。

 

また、日本ではマイナー競技
だからこそ、遅く競技を始めても
世界を目指せるという魅力があります。

 

実際、日本のトップクラスで
活躍しているアーチェリー選手の
多くが、大学生から
アーチェリーを始めた方々です。

 

一方で、アーチェリーについて
初心者から上級者までが
体系的に学べる教材は
多くはありません。

 

少し調べていただくと
わかると思いますが、
現在、販売されている
アーチェリー教材のほとんどが書籍です。

それも、新しいものでも
10年ほど前に書かれた書籍、
古いものになると、
30?40年も前に発売されたものが
未だに売れているという状況です。

 

動画教材に至っては、
細かな技術まで
論理的に解説した教材は
皆無と言っても過言ではありません。

 

 

アーチェリー上達革命
~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~

→  http://trendaqua.co.jp/archery/sato/info/

 

 

こちらのDVD教材は
アーチェリー初心者から上級者、
さらには指導者までもが

基礎から高い技術までを
体系的に学べるようになっています。

 

監修は慶應義塾大学
体育会洋弓部 元監督、佐藤 達也氏です。

 

佐藤氏は、選手や監督としての
実績も有名ですが、

実は日本のアーチェリー選手であれば
その姿を一度は目にしている
ような方なのです。

 

というのも佐藤氏は現役時代、
アーチェリー界の重鎮、
全日本アーチェリー連盟顧問、
高柳 憲昭氏のアーチェリー教本内で

“見本の射型”

としてモデルを務められていました。

 

その教本は現在も
高評価を受けています。

 

秋から冬にかけて
アーチェリー界では、

世界ユース
国体
世界選手権
全日本学生フィールド選手権
全日本ターゲット選手権
アジア選手権

など大きな大会が続きます。

実際に出場される選手をはじめ
大会に触発された選手が
成績向上を目指して

一層、練習に取り組まれる時です。

そうした方々に、
日本唯一の動画教材

アーチェリー上達革命
~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~

→  公式サイトはコチラ

 

 

 

 

ご存知ですか?

 

最近、

性別問わず、一般のかたで仕事帰りや週末の趣味として

 

アーチェリー

 

をやる人が増えつつあります。

 

公営の公園内のアーチェリー場数か所に
調査を兼ねて出向いたことがあります。

 

週末の利用者の順番待ちの状況、

楽しんでおられる方の年齢構成。

指導員に聞いた、近年の生徒数の変化からも

 

それは間違いありません。

 

会社員だけでなく、主婦の方も週末に
アーチェリーを楽しむ姿を
多く見るようになってきました。

 

いったいその理由は何なんでしょうね?

 

運動不足解消や、仕事のストレス解消のために
ジムに通ったり、水泳を習ったり、ボクシングや
柔道、剣道などの武道に励む方はかねてから
多くいらっしゃいますが・・・

 

* 的に命中する際の
何とも言えない快感を味わいたいから?

* 少し上達しだすと、もっと的の中心への的中を求める
衝動に掻き立てられるから?

* 弓道(和弓)とことなり、細かい作法に縛られず、
的中自体は比較的容易だから?

* スポーツとして、身体にさほど負担が無いから?

* 得点を競う娯楽性ある競技の魅力にひかれていくから?

 

どれでしょうか?
本当のところはわかりません・・・・

 

集中力を鍛えることができて、
命中する楽しさ、相手と得点を競う楽しさを
兼ね備えたアーチェリーの魅力は
やっている人にしかわからないかもしれません。

 

 

いかにスコアを上げるか?

高いポイントを取るための的中のための練習とは?

悩めるアーチェリー愛好家

= 「アーチャー」

向けにアーチェリーの上達法を徹底的に
学べるDVDが、 ↓

 

アーチェリー上達革命
~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~
【元・慶應義塾大学 洋弓部監督 佐藤達也 監修】DVD2枚組

http://trendaqua.co.jp/archery/sato/info/

 

 

 

実は、動画でこれほどまでに初心者から
中級者に向けて詳しく解説しているDVDは
ありません。

 

監修は、元・慶應義塾大学 洋弓部監督 の
佐藤達也先生です。

東京五輪での活躍が楽しみな
日本アーチェリー界の期待の星

大井一輝選手がいる、大学界の名門体育会洋弓部が
制作にサポートしてくれた充実の内容です。

現実的には、アーチェリーは道具がちょっと
高かったり、アーチェリーを楽しむ場所が
そんなにどこにでもあるわけではないこともあり、

それほど人口が多くはなかったです。

しかしここ数年では、おしゃれな感じがすること、

テレビでも出演も多かった
五輪メダリスト山本博さんなどの影響で認知度も上がり

競技人口が増える傾向があります。

 

 

アーチェリー上達革命
~試合でも良い点数を打てるようになる効率的練習法~
【元・慶應義塾大学 洋弓部監督 佐藤達也 監修】DVD2枚組

http://trendaqua.co.jp/archery/sato/info/

 

アーチェリーという競技は
ロンドンオリンピックで銀メダルを獲得した
古川高晴選手がよく知られていますが、
どちらかと言うならマイナースポーツと言う
イメージがあるかと思います。

 

実際まわりにアーチェリーをやっているという人はいないか、
いても珍しいのではないしょうか?

 

確かに競技人口は1.2万人とそんなに多くはありませんが、
競技に参加している人は選手、コーチを含めて、
他の人気スポーツ以上に気合を入れて取り組んでいる方が多いです。

 

その理由の一つは道具である弓の金額が、
「一式で20万円前後」とかなりの投資がかかる事から
真剣にならざる得ないという事があります。

 

 

最初からそんなにお金がかかるスポーツもそんなにはないと思います。

始める動機やきっかけですが
ゴルフなどと違い仕事の延長や付き合いがきっかけで始める人が
皆無に近いことから本当に真剣な人しか取り組まない競技と言えます。

 

 

そしてもう一つの理由としては、
これはやってみないと分からない部分もあると思うのですが、
アーチェリーという競技特有の的に突き刺さる音の醍醐味、
的中した時の楽しさが忘れられないため、
何度でもあきらめずに挑戦する人が多いです。

 

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スコアがアップしない悩みを
プロの指導者が解決します。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

この「アーチェリー上達革命」は元慶応義塾大学
洋弓部監督の佐藤達也氏が一般の愛好家さんの
目線でなかなか世の中にも存在しない
正しいアーチェリーの練習方法を公開しています。

 

 

ロンドンオリンピックで銀メダルを獲得した
古川高晴選手がバラエティー番組に
出演しているのを見た事がある方も
いらっしゃるかもしれません。

30メートル先の太巻き寿司の「マグロだけ」を
矢で射抜くという神技をやってのけて話題になりました。

新学期が始まったこのタイミングで古川選手の効果もあり、
アーチェリーを新たに始める人が増えています。