キーワード戦略で考慮すべき点はたくさんありますが、

記事だけでなくタイトルにも注意を払うようにしましょう。

検索エンジンがサイトの評価を行う大きなポイントは、

記事の内容に大きく依存しているのは事実です。

記事の中で、どれほどキーワードが使用されていて、

被リンクがどれほどあるかなどによって検索結果が大きく変わります。

しかし、試しにまったく同じ記事の中身を作成して、

タイトルだけを変えてアップしてみると、

同じ内容の記事でも検索結果に大きな違いが出ることに気づくはずです。

検索エンジンはタイトルによっても評価を変えているのです。

ではどんなタイトルが良いかというと、

やはりタイトル内にキーワードがしっかりと含まれているというのが前提条件となります。

そして、記事の中と同じように何回もそのキーワードが入っていると逆効果で、

一回のみ使用するのが良いでしょう。

また、タイトル全体の文字数はあまり長いものより、

15文字から25文字程度の短く、

要点がしっかりとまとめられたものが評価が高くなります。

こうした点に考慮することで、

検索結果という観点から見たタイトルの質を高めることができます。

さらに、工夫をするとしたら、

検索サイトを見た人がクリックしたくなるようなタイトルを作ることでしょう。

これも重要なキーワード戦略となります。

具体的に言うと、メインのキーワードをタイトルの始めの方に持っていき、

記事の中身を分かりやすく説明、もしくは要約するような文にまとめることです。

検索サイトごと、また端末の大きさや設定などによって異なりますが、

概してタイトルはあまりたくさんの文字数が表示されませんので、

タイトルを長くしても意味がないのです。

短く分かりやすく、目を引くようなものにするのが理想的だと言えます。

タイトル一つで、ずいぶんアクセス数が変わるものですので、

記事を作成するのと同じようにじっくりと考えて決めるようにしましょう。

———————————————