世間には2種類の人がいるんだと、

コンビニで立ち読みしている時に何かの本だったか

思い出せませんが、書いてありました。それは、

・自分が知らないことを学ぼうとするAさんと
・知らないことがあることを、気付かないBさん

世の中には、知らないことを学ぼうとする人は非常に少ないのです。

これは、アフィリエイトでも同じことで

大きく分けて、2種類の人達がいるのは

もう何となくわかるのではないでしょうか?

それは、もちろんこの2種類のタイプです。

 

【1】稼げているアフィリエイター

【2】稼げていないアフィリエイター

です。

では、一体何がそんなに違うのでしょうか?

Bさんのように、知らないことがあることを、気付かない人は、

アフィリエイターの中でも9割、いやそれ以上かも知れません。

では、その違いはというといたってシンプル!

稼げている1割のアフィリエイターがやっている

・知る
・覚える
・行動する
・仮説をたてる

これらは『知覚動考』と呼ばれていて、この行動パターンを習慣づけることが

1割の稼げるアフィリエイターになるために、大切になってきます。

「知る」こと

▼学ぼうとするAさん:

行動を起こす前に、何をするのか、

今からやるものを、よく「知る」ことから始める。

・今からやろうとする「コト」はどんなものなのか?
・今からやる「コト」は、
自分や相手にどんなメリットがあるのか?

▼知らないBさん:

知っていながらも、行動に起こそうとはしない。
「覚える」こと

▼学ぼうとするAさん:

「どうしてそうなるの?」という、

理屈を掘り下げる前に、重要な工程を次々に覚える。

・人に聞く、自分で調べる
・書籍、インターネットでの学習

▼知らないBさん:

教えられても、覚える気がない。
「動く」こと
▼学ぼうとするAさん:

知って、覚えたこと「行動」に起こす。

独自性を出す前に、出来ている人の型を知り、

覚え、その通りに行動を起こしていく。

・基本を学ぶ
・基本が出来てから、独自性を出す

▼知らないBさん:

知っていても、行動に移すことをしない。
「仮説をたてる 」こと

▼学ぼうとするAさん:

知って、覚えて、行動を起こした後は結果から、

より効率化させるため「次への仮説をたてる」

・どこに修正すべき点があったのか?
・改善点はなかったか?
・次のステップへの仮説を立てて、次回に活かす

▼知らないBさん:

自分には関係ないことだと、仮説などたてようもない。

と、このように

何事も成功する人の行動と脱落?する人の思考の違いは明確ですね。

知る・覚える・行動する・仮説をたてる

この流れが出来ている人は、

稼げている1割のアフィリエイターさんが

習慣的に実際にやっていることなのです。

このことを踏まえてアフィリエイトを実践することによって

あなたは1割の成功者になれます!