梅雨の季節ですが、雨の日に

どんなイメージをもたれていますか?

平日の雨の日は早く家に帰りたいし、

休日であれば出かけたくありませんよね。

雨の日はリアルな店舗で物が売れません。

ですが、雨の日の消費者の購買行動調査によると、

雨の日に自宅にいる間にインターネットをする

と回答した人が全体の56%

そのうち、ネットショッピングをすると回答した人が

60%もいたのです。

驚きですよね。

ネットの場合、雨の日は成約率が高くなるということです!

ここで想像していただきたいのが、

「雨の日に売れるもの」です。

雨の日に売れるものは

「不快な雨を遠ざけてくれる商品やサービス」であったり

「外出しなくてもよい家ナカ消費の商品」と言われています。

 

 

「いきなり上手に描ける水彩画講座」は

一般的な絵画教室と違い、自宅にいながら

本格的なプロの指導を受けられるので

雨の中をわざわざ濡れながら教室に通う必要もありません。

水彩画は雨の日でも、自宅で十分楽しめる趣味なので、

今はじめるにもピッタリです。

今、何かと話題の舛添都知事ですが、かつて自著の中で

「絵画による資産形成」テクニックを明かしていました。

それによると

「絵画を資産としてもっている人は少ないかもしれませんが、

1000万円で買った絵が5年後に2000万円の価値に

なっていることは十分ありえる。」とし

「コーヒーを毎日飲む人と同じく、(絵画で)精神的な満足感を

得ているわけで、毎日コーヒー代の300円分の利益を得ていると

考えることができます。

年間365日で毎日300円の効果だとすると、私は年に約11万円分を

得たことになります。」

と語っています。

精神的な満足感を「利益」と捉えるのは驚きですね。

舛添都知事の著書、

タイトルが『マスゾエ式 定年後極楽生活入門』というのですが、

このタイトルのとおり、

定年後に始めたい趣味として、「絵画」はとても人気です。

しかしここでネックなのが、

下手なことを馬鹿にされないか…

人前で絵を描くのは恥ずかしい…

といった、絵画教室に通うとなると気になる「周りの目」の問題。

この周りの目が気になって絵画を諦めてしまう人も多いです。

「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」3弾セット