似顔絵の気になる疑問

 

見ている人達をおもわず笑顔にしてしまう

ユーモアたっぷりの似顔絵。

 

テレビ番組に多数出演する似顔絵プロ監修の記事で似顔絵の描き方を解説します。

せっかく似顔絵を描くなら、練習する前に知識を手に入れて効果的に活用しましょう。

 

 

「似顔絵を描けるようになりたいなぁ・・・」

「でも、絵に自信が無いし・・・」

 

今回はその似顔絵の描き方、

しかも楽しみながらカンタンにマスターするコツについて説明していきます。

 

意外に思われるかもしれませんが、

似顔絵は誰にだって上手に描く事が出来ます。

 

どうやって楽しく楽チンにそっくりな似顔絵を描いていくのか?

 

いきなり拍子抜するかもしれませんが、

似顔絵は誰でもうまく描くことが可能なんです。

絵心がある無し、絵が苦手などということは関係ないですし、

美術大学や専門学校などで学ぶ専門的な技術、スキルも無用です。

 

現実に、似顔絵を生計を立ててるような似顔絵師が、

そういった本格的な勉強をした事が無い人たちも多くいますので…。

 

であれば、如何にすれば楽しくラクラクと、

その上そっくりな似顔絵を描けるようになるのか?

 

実は、ちょっとしたコツがあります。

誰でもたくさんの人との出会いがあるはずです。

 

そしてその時、

 

「この人の口って大きいなぁ。」
「吸い込まれそうなクリンクリンな目だなぁ。」
「眉毛がないぞ。」
「えらが張ってるなぁ。」
「高い鼻。鷲みたい…。」

 

などの印象を覚え、またイメージが残っている場合もあるでしょう。

 

驚くかもしれませんが、このようなイメージを普段から感じ取る事が出来れば

それでもう、似顔絵を描く事が出来たも同然です。

 

そっくりな似顔絵を簡単に描くには、これまで感じてきた人のイメージや

特徴をどう表現するかで決まります。

ポイントはいつも、無意識のうちにイメージしている人の

特徴を思い出しながら書き込む事。

 

顔の特徴をいくつか捉えて、それをあなたの持ち味でちょっぴり手を加えるだけで、

そっくりな味のある似顔絵が描けてしまいます。

 

すなわち最も重要なことは、専門的な技術ではなく、あなたの感性です。

絵の本格的な勉強をしなくてもそっくりな似顔絵を描こうと思えば、

「写真のままにリアルに描こう」という考え方はいったんは捨てる必要があります。

 

★笑っていいとも 似顔絵マスター選手権2度優勝★

似顔絵師しんのすけが教える7ステップ楽しい似顔絵講座