「ヘラに始まりヘラに終わる」

難しい、奥が深いと言われているへらぶな釣り。

 

シーズンにより、魚の食いつきがまちまちで、

そのたびに同じ釣り方が通用しないことが多いからです。

 

周辺にある沼や湖で気軽に釣りはできても、実際にやってみると、

針にまるっきり掛からないこともざらにあること。

ビギナーからベテランまで、へら鮒釣りの魅了されている人がたくさんいますが、

へらぶな釣りは、ひとたびその魅力を知ると、とことんまでハマってしまうと噂されているほど、

魅力のある釣りです。

 

釣堀や沼、湖といった、わりと近くにあるフィールドで

釣りをトライできる敷居の低いところもあります。

 

「なかなか釣れない」という固定観念はちょっと置いときましょう。

「マグレに頼らず、狙って釣り上げる」へらぶな釣りでこれこそが、今や達人のクラスです。

たくさんの愛好家がいるへらぶな釣りですが、歴史はさほどあるわけではなく、

大正時代のの後半頃に琵琶湖周辺で

釣れた大きなフナを釣り師たちが、その地で放流したことが発端だと言われています。

歴史がそうあるわけではないためなのか、へらぶな釣りにはまだ、「これで絶対に釣れる」

という釣法が一般に知られていません。

 

そして、1年を通して釣れる魚なのですが、春夏秋冬の食いつき方の違いが、

ヘラブナ初心者にはアタリの判断が難しいところです。

 

釣り堀などならば比較的容易かもしれませんが、

野池やダム湖で半野生化したへら鮒の警戒心はかなり強いので苦労します。

「へらぶな釣りはやはり難しい」というイメージをもってしまうゆえんでしょう。

「へらぶな釣りは難しい・・・」

そんな先入観、まずはゼロにしましょう。

 

長年の経験で培ったテクニックを使えば、つり初心者の方でも、へら鮒釣りが楽しめるんです。

あなたは、本当のヘラブナ釣りの魅力、知っていますか?

へら鮒の釣りを全然知らない人には、

「魚が釣れても、すぐに返してしまうんですか?

食用にならないのに、なぜ釣るんでしょうか?」

などと聞かれます。

 

そもそもヘラブナの存在自体が食用ではなく、ただ純粋に釣りをする、

そのことに特化した魚なのです。

なのでキャッチ&リリースは当たり前なんです。

 

そんな前提ですから、針で魚の口を傷つけないよう、スレ針という返しのないものを使い、

取り込みも玉網ですくい上げますし、極力へら鮒にダメージを与えぬ努力をします。

ヘラブナを傷つけない釣りをすることこそがヘラ師の誇りなのですね。

そのような手間暇かけてまで何故、ヘラブナを釣るんでしょう?

 

あなたはまだ、へら鮒釣りの魅力を知らないだけなんです。

野釣りを好む私ですが、深い緑の野山を眺め、美しい自然の湖や池で竿をかまえて、

タナを探りながらそして繊細な引きの瞬間を捉える・・・

これぞウキと対話、大自然との対話・・・

常にはない崇高な世界を感じる瞬間です。

 

殺生のないヘラブナ釣りとは、真の釣り人のための釣りであり、

自然の生命力に触れることのできる大変贅沢な遊戯です。

幾度となく、ヘラブナを釣り上げておりますが、

「なんとも、贅沢な遊びをさせていただいているな~」

などと、その奥の深さにしみじみとして飽きることがないのです。

私も含め、筋金入りヘラブナ愛好者は何かしら釣りの哲学を持っているようですが…

 

☆純粋に魚との攻防を楽しみたい。
☆殺生しないで、楽しく釣りたい。
☆ヘラブナ釣りで大自然との一体感を味わいたい。
☆修得したテクニックを、試してみたい。
☆生涯、飽きない釣りをしたい。

 

…このようなお気持ちのある方に、ヘラブナ釣りこそが、おすすめしたい釣りなのです。

ヘラブナ釣り名人、田中武のへら鮒必釣法